【断捨離後の服の数】捨てられない人はまずこれを目指そう!

捨てられない母と断捨離中のケイです

服の枚数の基準はネット上にもあふれていますが、

片付けに対する心構えがちょっと違う親世代に片付けてほしいと願う方向けに

どのくらいがいいのか、ケイ母の様子を参考にそれを今日は書いてみたいと思います

スポンサーリンク

目標を確認

まず、本人の目標を確認します

  1. 少ない服でストレスなく着まわしたい
  2. 着られるものは残したいが、部屋中にあふれかえっているのはもう嫌なので収納場所に入る程度は減らしたい
  3. 衣替えしてもいいので、部屋中にあふれかえるのは避けたい

一番上が少ない量、で順に増えていきます

いくら捨てられない親世代でも、できれば1か2を目標にしたいところ

子にとっては2という結果でも、本人にとっては1までやってやったぜ!という可能性も多いです(実体験)

この本人の目標に沿って、無理に減らせといわないようにきをつけながらも枚数を決めてみます

 

ワンアイテム10枚

ミニマリスト的にはワンアイテム3枚

本人が本気で取り組む断捨離なら5枚

汚部屋脱出ならワンアイテム10枚

がおすすめです

一週間は7日間で、お洗濯が一週間に一回、雨の日が心配等あるので10枚くらいあれば本人も納得しやすいです

ワンアイテムとは、半袖10枚

ズボン10本

長袖10枚

などです

 

ケイ母の結果を比べてみる

断捨離第一弾!どんな感じで洋服を選別するのか注目

残ったもの 枚数 目標
Tシャツ 19  チュニック参照
半袖チュニック 2 Tシャツと合わせて10枚
半袖シャツ 8  半袖カーデ参照
半袖カーディガン 3 シャツと合わせて10枚
長袖シャツ 10 OK
ズボン(長短) 18 10本
タンクトップ 29 10枚
ブラ 13 10枚
パンツ 19 10枚
靴下 59 10足
パンスト 30 10本
タイツ股引等 7 OK
手袋 2 OK
総数 246 102

 

あなたの親御さん今の枚数は?

ということで、こんな感じを最初から目指せばよかったのですが、うちは今のところ減らせていません

「必要なもの」を残すのではなく「着ないもの」だけを減らした結果です

10枚まで減らせていければ、あとは家中の片づけで感度が磨かれて、無駄に買うことも減るし(断捨離の断)、必要じゃないものを見極める力もついてくるはずです!

捨てられない母の変化が起きたその理由

片付けたい本人がここを読んでおられるなら一気に5枚くらいに減らす方法をおすすめしますが、ご両親の場合は、最初からガツンと減らすより段階を踏んだ方が、本人のやる気が出てきていいかなと思う今日この頃

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ