こんまり実践【書類の片付け方】ズボラ必見もっとシンプルなルールを紹介

2017-06-24

こんまり流書類

こんばんにちは!ケイです。

今日は、書類の断捨離!その前にこんまり流を参考に書類の選別、保管方法と、ズボラミニマリストが実践している保存方法をご紹介します!

書類は感覚とは関係なく論理的に片付けられる一方、本当に捨てていいのか迷うため、結構労力を使いますよね。

その片付け方(選別・保管方法)をまとめてみました!

▼捨てていい書類についてはこちら

【捨てていい書類・悪い書類】通帳・年金・給与書類これ捨てていいの?

 

スポンサーリンク

書類とは

  • 保険証書
  • 取扱い説明書
  • 保証書
  • 給与明細
  • 領収書
  • 郵便物
  • カード等の利用明細
  • チラシ
  • パンフレット
  • 通帳
  • 年賀状
  • 手紙
  • メモ
  • セミナー習い事関係

とにかく紙と冊子類は書類として一気にまとめちゃいます!

 

こんまり流参考・書類の断捨離やり方

こんまり流でいくと、全捨てが基本。

今の時代なんでも再発行が可能だからです

手紙は思い出の品ですが、週に一回は絶対読み返す!というくらい大切な手紙以外は読まないと思うので捨てちゃっていいです。

とはいいつつ残す書類の判断方法は

  • 今使っている
  • しばらく必要
  • ずっととっておく

 

保存方法

そして、残った書類を2つに分けます

  • 未処理の書類
  • 保存の書類

そしてそして、「保存の書類」をまた2つに。

  • 使用頻度の低い物(契約書・保険証書等)
  • 使用頻度の高い物

に分けるのがこんまり流。

つまり、全部で3つに分けて保存する

  • 未処理
  • 使用頻度低
  • 使用頻度高

 

おすすめの保管法

私が断捨離成功してから自然と形ができた方法をご紹介します!

こんまり流もいいと思いますが、私はそれを考えるのがめんどくさい(おいw)

ということでこう分けてます

  • 未処理
  • 保存

シンプルでしょw

私は習い事等をしていないので使用頻度の高い書類というのがほとんどありません

一定期間毎日見るようなものは未処理に混ぜちゃうし、証書などずっととっておくものは一か所にまとめてしまいます

今では定期的に書類の整理をするようになったのでこれで問題ないです!

 

ファイリングは必要ない

私はファイリングもしません。一か所に乱雑に突っ込むだけです

探すときはそこを探せば絶対出てくるので。

 

最後に

ということでこんな感じで、母も仕分けをしていきます!詳しくは以下の実践編へ!

 

書類関連記事

【書類捨て方・残す判断法】給料明細や年金書類は捨てていいの?

【書類の断捨離】実践編!捨てられない母に変化が!?

 

▼ランキングに参加しています、応援よろしくお願いします!
ブログ村テーマ
断捨離できないもの、残したいもの