【断捨離失敗】片付け苦手の私が100%勘違してた本当の原因

2017-07-11

断捨離失敗原因

こんばんにちは、ケイです。

片付けても片付けても、すぐに散らかる。

その都度片付ければキレイを維持できることは分かっているのに、出来ない。

なんて悩みませんか?

私も断捨離をする前は一念発起で大掃除してもすぐに散らかしてしまいました。

ケイ母も同じで、昔よりは多少良くなったけど未だに家中足の踏み場がありません。

今日は、そんなあなたが今後片付けリバウンドしない為の大切なことを書いてみたいと思います!

タイトルはちょっと大げさだけどw気軽にお読みください!

スポンサーリンク

汚部屋人あるある

  • 収納グッズを買う
  • 整理整頓するために収納を工夫する
  • 物をしまう為に棚を増やす
  • 空いてるスペースに何か置きたくなる
  • 一念発起の度に次こそキレイな状態を維持するぞ!と決意する
  • だけどどうしても散らかる

 

なぜ、こんなことが起こっていたのか、自分で経験して実感しました。それはこんな当たり前の理由があったからでした。

 

整理整頓は意味がない

私たちの目標は、きれいな部屋を維持することですよね

そうするとどうしたらいいか考えた時に、整理整頓がうまくなればいいとか、片付けを習慣づければいいとか考えます。

ここに出ているものをあっちに片付けて、こっちの物をこう収納して。というのができてこそ「きれいな部屋が維持できる」と思いがちです。

しかしこれこそ間違いです!!

整理整頓は、たんなるモノの移動です。

私のようなズボラで片付け苦手な散らかし屋さんが、整理整頓を習慣づけようとしたって、はっきりいって無理です

あきらめてください。

出来ないものはできないのです!

このことを知り、自分に向いている方法をしっかりやることがリバウンドせず人生を変えられる道なのです!!

 

解決方法

じゃぁ、どうしたらいいの?ということですが。

  • 物を減らす「捨てる」
  • 一気に片付けて達成感をちゃんと味わう

これが重要です。

家の中にある大きな棚から小さいな小物まで、一気に減らして「今までいったい何がこの家の中にあったんだ?何もいらないじゃないか。これだけの物で生活できるじゃないか」

と知ることです。

すると、片付けなくても家がきれいでその楽さに片付け苦手ズボラは虜になってしまいます

「物を減らす」というのは劇的に減らせば減らすほど成功率は上がります

捨てられないあなたの基準としては「これがなかったら困るかも」というレベルの物まで捨てる覚悟で挑んでください

そして、断言できます。一度でも「困るかも」と思ったものは、今後絶対に困りません

 

心が折れる瞬間

実際に、汚部屋からそこまで減らすのは正直不安かもしれません。

でも、「もう片付けで悩みたくない」と思うなら、一度本気で物を減らすことをしないと、何も変わりません。

そして一度、その物のなくなった風景を味わってしまうと、あまりの衝撃と快適さで今後どんどん物が入ってこなくなります

断捨離の断と離ができてきます

始める時や途中は、そういった風景が想像もできないし、不安しかありません

しかも片付け苦手な自分一人でやることになる場合が多いと思います

正直、負けます。

これは使わないけど一応とっておこう。なんてなります。

「ないと困るかも」が捨てられず先に進めないならごみ袋に入れて一旦おいておきます。

中身を忘れたころに開けずに捨てちゃってください。これができる自信がないなら最初から捨てちゃいましょう。

私は、どうしても捨てられなくて1年後捨てるという袋を何個も作りました

片付け法としてはお勧めできない方法ですが、それでもすっきりした家に住めるようになりました

だから、あきらめずにとにかく家じゅうの片づけを一気にやってしまいましょう

 

捨てて後悔との戦い方

今の時代、何かがなくて死んでしまうとか、人生終わったとか絶対に起こりません。

この考えは断捨離を成功した方しか胸を張って言えないことだと思いすし、たぶん、信じられないと思います

後悔は絶対にあるとしか思えないかもしれません

「あ~あれ捨てちゃったな」と思うことはあっても後悔するってことは絶対にありません

後悔する理由

さっき捨てる基準で書いたように「困るかも」レベルまで捨てることができたあなたなら絶対に大丈夫です

逆に、中途半端に片づけをして、中途半端に物を残した方は、「あ~あれ捨てなければよかった」と後悔することになります

なぜなら、「人生で自分にとって何が必要で何が不要なのか、片付けによって人生が変わった体験」というのを体感できず失敗しているからです

捨てられる理由

洋服だって買えばいい

重要書類だって再発行してもらえる

棚だって安く売っている

そして、思い出は心の中にあります

思い出の品を見ないと思い出せない過去なんて存在していないのと一緒です

しかもその思い出の品をしっかり押入れの奥底にしまっていたならなおさらです

自分でその思い出を見えないところにしまい込んでいたんですから。

 

といっても思い出の物だけはちょっと別格ですよね。

ここは時間をかけてもいいところではあります

でも、そんなに大切な思い出の品なら、きれいになった家の中でちゃんといつでも見返せて管理できるものだけ取っておきましょう

その為にも、他の物は一気に捨てる覚悟を持って取り組むのが大切です

 

まとめ

ということで、私(ケイ)をはじめケイ母など多くの方が勘違いしている事とは

片付け苦手は整理整頓できるようにはならない

ということでした

したがって、収納術を学んでも意味がない!

見せる収納?難しいよ、だってスペースあったらもの置いちゃうw

ちょっと言葉が強いですが、とても強く伝えたいことでした(^◇^)

(ケイ母にもうまく伝えたいけど伝わらないw)

断捨離でゆとり生活

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ