はじめに-汚部屋片付けプロフィール

2017-07-12

断捨離実践ブログ

はじめまして!

これから捨てられない母と一緒に実家の片づけをするミニマパッカー主婦の吉永ケイと申します

このブログでは、足の踏み場のない汚部屋の片づけや断捨離を実践して経過を写真付きで載せていこうかなと思っていますのでよろしくお願いいたします!

  • 登場人物
  • 娘の思い(きっかけ)
  • 夫婦喧嘩
  • 伝えたいこと

スポンサーリンク

登場人物

書いている人

吉永ケイ(30代前半)

娘。夫と近所に住む。自分も捨てられない、片付けのできない人でしたがバックパック旅行を通してミニマリストへとなった主婦

ミニマリスト雑記ブログやってます

すっぴんぶろぐ

 

片付ける人

ケイ母(50代後半)

母。実際に片づけをする人

ケイ母の両親特に父(けいの祖父)は輪をかけた捨てられない人でテレビに出てくる汚部屋、というかゴミ屋敷レベルの住人

ケイ母は片付けられないことに悩んでいるが物を捨てるなんて考えられない人

けいが捨てた物を拾って「まだ使える」と溜めこむ

母が隠し持っていた衝撃的な”娘のもの”

洗いものも苦手で広いシンクが山盛りになる

でも片付けられるようになりたいと今回一念発起

ここ数年でだいぶきれいにできるようになったがまだ埃っぽい家になってしまう

 

たまに出てくる人

父

ケイ父(50代)

けいの父。ケイ母の配偶者。同居している夫婦。片付けはできる方で思い出のものすらポイポイ捨てられる。しかし家具など「もったいない、何かに使える」となかなか捨てない。昔から片付けられないケイ母とケイを正座させ叱ってきた。

 

夫

ケイ夫(20代)

ケイ母と物の持ち方が似ていて物が増えがちだが、スイッチが入るとスパッと捨てられる人。

母と結託して?w私が出した粗大ゴミ(棚)を拾ってきたこともある

整理整頓や収納は好きで得意な方。

 

きっかけ

自分が断捨離をし、物を持たない暮らしに出会ったことによって、人生が変わったのでそれを母にも教えてあげたいと思ったことがきっかけ。

ずっと母にもやってもらいたかったんだけど、本人のやる気が起きないとリバウンドもするし実家が遠かった時期もありなかなか実行できずにいました。

んが!この度、妊娠して実家の近くに引っ越してきて、子供が生まれるまで時間もあるし、そろそろ母もいい加減片付けられるようになりたいみたいな雰囲気を感じ取ったので実践してみることにしました!!

 

汚部屋家族の険悪な歴史

ケイが小さいころから散らかっている部屋が原因で喧嘩(父が母を怒る)することが絶えない家庭でした。少し大きくなると一緒に私も怒られました。そのせいで幼いころから毎日両親の顔色を伺う癖が付き、笑い声が聞こえるまで眠れませんでした。

洗い物がキチンとしてあると「お父さんに怒られたの?」と聞く子供になっていました。そしてだいたい正解でしたw

でも私も、母も、ただズボラでめんどくさがりで「片付けができない」んだと思っていました。

でもでも、それは違ったんです!

 

勘違いしていた散らかる原因

物が多いから片付かない、当たり前のことだったんです!

物が減れば、そのすべてを出しっぱなしにしても散らからないんです!それを知って、未だに父に嫌味を言われ耐えている母にどうしても自分で実感してほしかったのです。

こんまりさんも断捨離のやましたひでこさんもおっしゃっていますが、自分で片づけをする以外には人生を変える方法はありません。

業者に頼んだって、「引っ越しをして一から頑張るぞ!」ってやったって(経験済み)ダメなんです。

それを自分が実感したので、少し強引にでも一緒に実家のかたづけをしたいんです

【断捨離失敗】片付け苦手が99%勘違いしている本当の原因

 

お断り

ブログの更新について

私は現在、初めての妊娠中です。

初めての子育て期間に入ると、もしかしたら年単位でブログの更新が止まってしまうかもしれません。

それでもブログを投げ出したりはする予定はありません。どうか、見守ってくださる方がいらっしゃいましたら気長にお待ちください。

 

片付け方法について

一念発起して断捨離をする本人は母です。

母は断捨離=捨てるだけと思っていたり、こんまり流とはなんだ?など知識はありません

片付ける気はあるものの、捨てる感度を磨こうとか、頑張ろうとかはちょっと弱いので、けい流のゆるいアレンジを加えていきます。

なので、実際にきれいな家になるまではかなりの長期間を覚悟しています!気長にやっていきます!

 

このブログで伝えたいこと

このブログは、母のように片付けたいけど、今更だし。とか、どうやったらいいのかわからないという方

実家の片付けをしたいけど、どうやったら上手く衝突なく片付けられるか知りたい、他の親子がどんな感じでやっているのか見てみたい。という方に向けて書きます。

「いつか使う、はこないから捨てろ!」

「使わないものを残すのは無駄」

「気に行ったもの以外、いらないもの」

「専用はいらない」

などはとりあえず最初のうちは言いません(多分)。私が最初にそれができなくて進まなかったからです!

無駄なものをとっておきつつ最終的には自分できれいな部屋を維持できるようになる方法をご紹介したいと思います。

この緩い方法が母でも本当に成功するのかを実験する場でもあります

失敗するかもしれません

 

最後に

ということで、どうか温かく見守ってくださる方がいるといいなと思います(いるのか?)

モチベーションアップの為にも、他の方のお片付けの様子もみたいのでランキングに参加してみました!応援してくださるとうれしいです!

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ

 

簡易サイトマップ

▼やり方を見る(随時変更)

捨てられない母の為に考えた方法【絶対できる断捨離のコツ】

 

▼実践編を最初から見る

汚部屋脱出第一弾【洋服の断捨離】捨てても靴下59足!さっそく失敗のかほり

 

▼好きなところから読む

記事一覧


汚部屋・汚部屋脱出ランキング